• HOME
  • 事務所紹介
  • 弁護士紹介
  • アクセスマップ
ホーム > 債権回収

新着情報

一覧を見る

『事業譲渡・会社分割による事業再生
~第二会社方式の事業再生実務を法律的側面からていねいに解説~
[監修]公認会計士税理士 平野敦士
[編著]村上博一

※詳しくは当事務所までお問い合わせ下さい。

2015/05/12

『相続法実務入門』
~学説と実務の乖離が激しい相続法の基礎知識や制度を解説する~
[著]弁護士村上 博一

お申込みの詳細はこちらをクリック

債権回収

債権回収

こんなお悩みはありませんか?

  • 債権や売掛金が回収できずに困っている
  • 効果的な債権回収プランを教えてほしい
  • 自社で催促を行っているがうまくいかない
  • 訴訟を考えているが手続きの方法がわからない
  • 取引先が倒産して回収できなくなってしまった

貸金、売掛金、請負代金などの債権回収を弁護士に依頼する場合、「債権回収できないとき、どうすればいいのですか?」という相談が多く寄せられます。

債権の方法としては、
  • 相手との交渉
  • 内容証明の送付
  • 仮差し押さえなどの保全手続
  • 調停・訴訟などの裁判手続
  • 強制執行

という一般的な流れがあります。

弁護士に依頼するメリット

弁護士に依頼するメリット

とはいえ、債権を回収をする方法は、状況に応じて様々です。
「これがベスト」という決めつけは出来ず、ケースバイケースで対応することになります。
この点は弁護士に相談することにより、案件に合わせた最適な手段を採ることが可能です。

また、このような手段の選択だけでなく、交渉や法的対応の際、弁護士が出てくることは相応の迫力があり、債権回収の可能性も高くなります。
また、必要なのが、事前対策つまり予防法務です。
その方法の一つとして、例えば契約書の作成やチェックがあります。しっかり契約書を作成しておくことで、将来のトラブルに対するリスクが減りまた、万が一トラブルが発生したときも、早期に解決をしやすくなります。
公正証書を交わしたり、保証人をつけたりすると債権回収はより効率的・効果的になります。その他、もう少し込み入った方法として、集合動産債権譲渡担保を設定したり、動産売買先取特権を利用した債権回収の方法もあります。
この点の詳細は当事務所のブログをご覧ください。この通り当事務所では、弁護士が専門的知識を活かし債権回収を成功させるための最善のプランをご提案します。

当事務所では、債権回収のノウハウを持った弁護士が迅速に対応します。
また、取引先が倒産の可能性があるときは、債権回収は時間との勝負でもあるため、早めに弁護士に依頼することをおすすめします。