• HOME
  • 事務所紹介
  • 弁護士紹介
  • アクセスマップ
ホーム > 労務問題

新着情報

一覧を見る

『事業譲渡・会社分割による事業再生
~第二会社方式の事業再生実務を法律的側面からていねいに解説~
[監修]公認会計士税理士 平野敦士
[編著]村上博一

※詳しくは当事務所までお問い合わせ下さい。

2015/05/12

『相続法実務入門』
~学説と実務の乖離が激しい相続法の基礎知識や制度を解説する~
[著]弁護士村上 博一

お申込みの詳細はこちらをクリック

労働問題

労務問題
労働問題の多くは、会社の規定の不備で起きています。
したがって、就業規則の見直しや社内規則の作成など、事前に弁護士に相談することをおすすめします。

労働問題を未然に防ぐためには、就業規則や社内規則の見直しだけではなく、企業の業務内容に応じた効率的な労務システムそのものを作り上げることが望ましいです。経営にも配慮したコンプライアンス整備が求められているともいえるでしょう。
契約書や就業規則など、労働に関するコンプライアンスを整えることも求められます。
万が一、労働訴訟を起こされたような場合、そのときの対応や判断がその後の企業の存続に影響を及ぼさないとも限らず、適切かつ慎重に対処する必要があります。

弁護士は、経営者に対して常に的確な法的判断を提供することができます。
いつでも相談できる弁護士が身近にいるかいないかは、企業経営にとって重要なポイントではないでしょうか。