• HOME
  • 事務所紹介
  • 弁護士紹介
  • アクセスマップ
ホーム > 相続・遺言・後見

新着情報

一覧を見る

『事業譲渡・会社分割による事業再生
~第二会社方式の事業再生実務を法律的側面からていねいに解説~
[監修]公認会計士税理士 平野敦士
[編著]村上博一

※詳しくは当事務所までお問い合わせ下さい。

2015/05/12

『相続法実務入門』
~学説と実務の乖離が激しい相続法の基礎知識や制度を解説する~
[著]弁護士村上 博一

お申込みの詳細はこちらをクリック

相続・遺言・後見

相続・遺言・後見

こんなお悩みはありませんか?

  • 遺産分割をめぐって相続人の間でもめている
  • 被相続人に負債があって請求を受けて困っている
  • 遺言の内容が不明確で内容に異議がある
  • 事業を譲りたいが後継者をどうするか悩んでいる
  • 事業承継時の自社株の売却方法がわからない

遺言・相続

遺言・相続

相続や遺産分割をめぐって遺された子どもや兄弟姉妹間で起きた相続争いは、長期化、深刻化しやすい問題です。
そこで当事務所の弁護士が、相続争いを防ぎ効率的な相続対策を行っていくために必要なスキームの設定を行います。

遺言を書くのに「早過ぎる」ことはありません。
万一に備え、遺産をめぐって遺族が争うことがないよう配慮した上で、お客様のご希望に沿った遺言書を作成します。
ぜひ、ご相談ください。

後見

遺言・相続

一緒に老後を考えましょう。

今は元気なつもりでも、いつかは衰えを感じる時がやってきます。

そんな時に頼れるものとして、任意後見・法定後見等といった制度があります。
詳細は「身寄りのない人のための法律②~生前の有益な制度~任意後見制度と法定後見制度」
http://www.mahoroba-fudosan.com/column.php?itemid=266%E3%80%80
を参照ください。

生前に世話になった子供たちの権利はどうなるのでしょうか。
詳細は「寄与分⑤療養看護型」を参照ください。

身寄りがない場合、お葬式はどうしたらいいのでしょうか、お墓はどうしたらいいのでしょうか。
詳細は
「身寄りのない人のための法律④死後事務処理委任契約」
http://www.mahoroba-fudosan.com/column.php?itemid=268%E3%80%80


「身寄りのない人のための法律③~生前にしておくこと~仏壇・墓」
http://www.mahoroba-fudosan.com/column.php?itemid=267%E3%80%80
を参照ください。

身寄りがない場合、どのような遺言を書けばいいのでしょうか。
詳細は「身寄りのない人のための法律⑤遺言など」
http://www.mahoroba-fudosan.com/column.php?itemid=269%E3%80%80

を参照ください。

当事務所は、後見その他高齢者問題を得意としております。何なりとご相談ください。